ムダ毛を処理するときに肌を傷つけないための注意点

自分の家でムダ毛を処理していればお金もかかりませんし、時間の合間をぬってできます。
ただし、自宅でムダ毛を処理する際にカミソリや毛抜きを使っていると、毛穴の黒ずみや、肌の腫れを引き起こすことがあります。
きれいな肌でいるためには、ムダ毛は技術のある専門機関に頼んだほうが適切だという人もいます。
エステやクリニックの脱毛は費用もかかるため、エステなどでの脱毛にためらいを感じている方もいると思います。
お肌のお手入れをカミソリでする場合、何に注意をすれば肌を傷めずに済むでしょうか。

 

使い古したカミソリは雑菌が多く肌トラブルの原因になりますので、清潔なカミソリで顔を剃りましょう。
皮膚がカミソリの刃で傷つくことがないように、慎重にムダ毛を剃りましょう。肌が傷つくと、雑菌が侵入する恐れがあります。
切れ味の悪くなったカミソリの刃をいつまでも使っていると、皮膚に引っかかりやすくなるのでよくありません。
皮膚にダメージがいかないようにするには、剃りたい部位にクリームやローションを塗るようにします。
何も塗らずに処理をすると肌を保護している角質層が傷ついてしまいます。
カミソリでムダ毛を処理する時は、同じ場所を繰り返し剃らずともいいように、毛の流れに合わせて剃ります。
ムダ毛を処理した直後の皮膚は刺激に敏感になっていますので、保湿クリームで肌全体を保護するといいでしょう。